お酒の強さで分かる!? 体質と健康リスク

アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)と呼ばれる酵素があることを知っていますか??
アルデヒド脱水素酵素2はアルコールを分解する際に出る有害物質です。
アルデヒド脱水素酵素2の働きが弱かったり、酵素を作り出すことのできない人はアルコールに弱いんだそうです。
アセトアルデヒドを酢酸に分解するはたらきを持つこういった人たちは骨粗しょう症や骨折のリスクが2倍高と言うことです。
致命的に飲めない人だけでなく、お酒を飲むと顔が赤くなると感じている人も要注意。
お酒が飲める、飲めないも同様、顔が赤くなるかならないかで大まかな体質が分かります。
お酒が飲めない人は骨折のリスクが高いわけですから、骨折予防により力を入れるのが良いということですね!!
大切なのは個々人の体質に合わせた健康管理!!それぞれの「体質」を知って上手に健康リスクを管理しましょう
お酒の強さで分かる!? 体質と健康リスク

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ