子供の発達障害で知るべき「感覚過敏と栄養不足」への対策

全国の公立小・中学校で発達障害と診断される子供が増えているようです。

発達障害とは生まれつきの脳の特性により、社会生活に困難が発生する障害のこと。コミュニケーションが苦手でこだわりが強い障害「自閉症スペクトラム」(ASD)、

不注意で落ち着きがない「注意欠陥多動性障害」(ADHD)、

読み書きや計算など特定の学習分野が極端に苦手な「学習障害」(LD)

などがあります。

感覚過敏・聴覚過敏・視覚過敏が原因の事も多いようで、

摩擦を恐れて過保護にならないように気を付ける事が大事なようです。

発達障害の子供たちは感覚過敏ゆえに偏食となり、栄養不足になりがちだそうです。

不足しがちな栄養素を補うために、サプリメントを使うのもいいようですね!!

子供の発達障害で知るべき「感覚過敏と栄養不足」への対策

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ