なぜアナゴはウナギの代わりにならないのか、その違いは?

鰻と言えば、『土用の丑の日』今年は7月20日と8月1日の2日ですが、ウナギと似た食品として真っ先に思い浮かべるのは穴子(アナゴ)という人も多いのではないでしょうか。味は明らかにウナギと違いますが、見た目はよく似ています。それに、ウナギに負けず劣らずおいしいです。しかし、最大の違いは、その栄養分と味です。ウナギはアナゴの約2倍の脂質を有しているため、ウナギの方が高カロリーで“こってり”とした味がします。一方、アナゴは低カロリーで“さっぱり”とした味です栄養分では、ウナギはアナゴの約5倍にも上るレチノール(ビタミンA)を含み、ビタミンB1、B2、D、E、カルシウムなどもウナギの方が断然多いことが分かっています。
やはり、夏バテ予防にはうなぎの方が良さそうですね!!

なぜアナゴはウナギの代わりにならないのか、その違いは?
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ