翻訳証明書とは

住民票や戸籍謄本の翻訳の依頼で欠かせないのが「翻訳証明書」です。多くは海外での日本人としての公的証明に使われていますが、渡航に際しての犯罪経歴証明書申請につける翻訳証明などもあり、慎重に証明内容を把握した上での発行となります。

まずは、こちらで知っていただき、「翻訳証明書とは」翻訳会社ERF

そして、「公印確認・アポスティーユとは」翻訳会社ERFで、日本国が認証する公的書類とは何かをお読みになってください。


アポスティーユ 翻訳会社ERF証明書翻訳の費用についてのお問い合わせが多いので、改めてここでお知らせいたします。

証明書翻訳費用

住民票、戸籍謄本など各種証明書の翻訳はページあたりの原稿分量は少なくてもページごとに書式を設定するなどの翻訳以外の作業が生じます。従って、ページあたり最低料金として税抜3,000円が翻訳料金となります。3ページまでの翻訳ですと弊社最低料金制翻訳会社ERFの税抜10,000円となります。4ページを超えるとページ数×3,000円が最低料金となります。5ページの証明書翻訳で、税抜15,000円となります。