子どもの皮膚炎「とびひ」プールの季節は要注意

「とびひ」の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。
細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。掻(か)きむしった手を介して、水ぶくれ(水疱(すいほう))があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれているようです。
プールでは子供達はタオルを一時的に貸し借りしたり同じビート板を使ったりすることもあるので、「やはり感染が広がりやすい環境にあるといえる」「症状がある場合はもちろん、水ぶくれや発疹が消えてもしばらくは皮膚のバリアー機能は弱まっていることもあるので、治ってからも当分の間は、紫外線や消毒用塩素の刺激を避けるためにもプールの利用は控えた方が安全みたいですね!!

子どもの皮膚炎「とびひ」プールの季節は要注意専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ