日別アーカイブ: 2018年7月1日

子どもの皮膚炎「とびひ」プールの季節は要注意

「とびひ」の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。
細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。掻(か)きむしった手を介して、水ぶくれ(水疱(すいほう))があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれているようです。
プールでは子供達はタオルを一時的に貸し借りしたり同じビート板を使ったりすることもあるので、「やはり感染が広がりやすい環境にあるといえる」「症状がある場合はもちろん、水ぶくれや発疹が消えてもしばらくは皮膚のバリアー機能は弱まっていることもあるので、治ってからも当分の間は、紫外線や消毒用塩素の刺激を避けるためにもプールの利用は控えた方が安全みたいですね!!

子どもの皮膚炎「とびひ」プールの季節は要注意専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

日焼け止めを正しく使う 皮膚炎起こす危険も知って

関東甲信が梅雨明け 過去最も早い先月29日に発表しました。
と言うことは雲が少なくなり、晴れる日が多くなるとの事ですね!!
したがって、紫外線も直接肌に影響ありそうですね!
日焼け止めクリームは、正しく塗ると紫外線防止に非常に効果的だそうですが、
日焼け止めは知らず知らずのうちに顔をこすったり、汗をかいたりして落ちていることが多いので、2~3時間ごとに塗りなおすことが勧められます。また、量についても、顔が白くなるからといって少ししか使わない人が多いのですが、正しい量を使わないと効果が不十分になります。一度に使う量は、顔の場合、クリームタイプは「真珠2つ分」液状タイプは「1円玉2枚 分」の量は使うようにしましょう。
特に頬骨のあたりや、鼻の頭は光を浴びやすいところなので、念入りに塗るようにしましょう。
首や腕なども忘れずに塗りましょう。
しかし、日焼け止めを塗らないといけないという、義務感のような思い込みから、日焼け止めでかぶれていても塗り続け、かえってシミを増やしている人も多いといいます。かぶれたと思った場合は、まずはスキンケアを最低限にして保湿を心がけるようにするとよいそうです。

日焼け止めを正しく使う 皮膚炎起こす危険も知って
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

エムバペ?ムバッペ?仏代表19歳が2つの偉大な記録達成

フランスがアルゼンチンに勝ちました。この試合で注目されたのがキリアン・エムバペ選手。

Kylian Sanmi Mbappé Lottin。
ムバッペと記載されることも多いですが、アフリカ語圏の発音では「ンバぺ」、フランス語的には「エムバペ」。エは軽くムは口を閉じる程度、ペにアクセントでしょうか。

世界に名をとどろかせた仏代表19歳ムバッペ、2つの偉大な記録を達成

 

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ