日別アーカイブ: 2018年6月18日

最新エアコンの選び方 快適性と清潔性能がポイント

エアコンはこの数年で快適性能がアップしてますね!
一つは、省エネ性能。もう一つエアコンの快適性能1つ目が気流の制御。各種センサーやカメラによる快適性向上人の不在を検知して自動でパワーをセーブしたり、運転を止めたりする機種であれば、節電にもつながり、エアコンを消し忘れて外出してしまったときも思い煩うことがないですね!フィルターの自動掃除フィルターだけでなく、さらに奥の熱交換器も自動で掃除する機種も増えている。暖房の能力は通常冷房よりも低いので、暖房としてエアコンを使うのであれば、暖房の数値を基準に選ぶほうが良いそうです。滞在時間が長い部屋にはハイエンドモデルがお薦め滞在する時間が長い部屋に導入するなら、快適性が高く、省エネ性能に優れたハイエンドモデルがやはりお薦め!!
これからエアコンを購入する方は購入前に色々研究してみて下さい!!

最新エアコンの選び方 快適性と清潔性能がポイント
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

燃え尽き症候群、簡単な唾液テストで判定可能

仕事で過剰なストレスを抱えていたり、燃え尽き症候群になったりする恐れがあるかどうか、簡単な唾液テストですぐに判明できるそうです。
ストレスホルモンのコルチゾールの分泌量を一日に何度か測定すれば、血液検査などの複雑な方法によりも正確にストレスレベルを判定することができるという事です。日本の2015年の調査では労働者の32%が強い不安や悩み、ストレスを訴えた経験があると答えており、このテストによってあらがじめ自分は燃え尽き症候群になる可能性が大きいかはわかりますね!!知った上でならないように努力出来るといいですね!

燃え尽き症候群、簡単な唾液テストで判定可能

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

難病「低ホスファターゼ症」…幼児期、歯の変化に注意

骨や歯の形成に異常が起こる『低ホスファターゼ症』をご存じですか??
医師にもあまり知られておらず、潜在的な患者もいるようです。
低ホスファターゼ症は、骨の強さや成長にかかわる酵素「アルカリホスファターゼ(ALP)」の働きが弱いために起こる難病。10万~15万人に1人の割合で発症する遺伝性の病気だそうです。
症状としては胎児期に胸骨や背骨、 肋骨ろっこつ などがうまく育たず、呼吸困難になったり、出生後も体重が増えなかったり、足がわん曲していたりする。もっとも特徴的なのは幼児期から歯が抜け始める事だそうです。
なので、早い時期にこの病気だとわかれば、症状を改善する治療を受け、病気とうまくつきあっていけるのではないか???
あまり聞いた事のない名前ですが、こんな病気があることを知っていれば、症状に早く気がつくかもしれませんね!!

難病「低ホスファターゼ症」…幼児期、歯の変化に注意
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ