鷲田清一×高橋源一郎 「折々のことば」のつくり方

言葉ってしょせん借り物なのに、つい「誰も言ったことがないことを言おう」と思いがちです。そうなんです。自分だけのユニークな表現だなんてあり得ないのです。必ずどこかにあったはずだから、気にせずに良いと思った言葉は出所を示してどんどん使うべきなんです。良いと思うのですから。

kotoba

高橋源一郎の「死者と生きる未来」翻訳会社ERFは良かったですね。

鷲田清一×高橋源一郎 「折々のことば」のつくり方翻訳会社ERF

品質最優先翻訳翻訳会社ERF