50M走で骨折、片足で立てず…子どもの体に何が?

「走っただけで、骨折してしまう」「片足立ちでフラつく」……。自分の体をコントロールできない子どもが増え
日常的な動作や軽い運動での骨折が目立っています。、「うまくしゃがめない」「片足立ちでふらつく」など、自分の体をうまくコントロールできない子どもも増えています。それは遊ぶ事をしてこなかった子供に多いようです。スポーツでは子どもたちは「やらされる」ように感じることも多くありますが、遊びは自分から「ワクワクドキドキ」と感じるものに自発的に取り組むものです。この違いは、脳の発達にも影響を与えるようです。それが大事だといいます。
幼少期の子どもたちに「ワクワクドキドキ」するような、全身を使った遊びを体験させることが大切なのです。
走で骨折、片足で立てず…子どもの体に何が?

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル