日別アーカイブ: 2018年10月14日

「30分の寝不足」が脳をダメにする科学的理由

30分の寝不足が脳をだめにする科学的理由って、どうゆうこと?
1日30分の寝不足が「睡眠負債」になるというのです。
これは睡眠の量を借金にたとえた表現で、毎日の「ちょっとした寝不足」が少しずつ溜まっていった結果、やがて「債務超過」に達してさまざまな症状が引き起こされるということ!ちりも積もれば山となるという事ですね!!
睡眠負債が続くと、脳と体が受けたダメージを修復する時間はなくなるわけで、残った疲労やストレスは少しずつ体を破壊し、最終的には手のつけられないほど重篤な炎症状態にまで陥ってしまうということのようですね!!
現代人の睡眠のスイートスポットは7~9時間のあいだで、これより少なすぎても多すぎても体には大きなダメージが出るようです。

「30分の寝不足」が脳をダメにする科学的理由

専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ