日別アーカイブ: 2018年10月1日

「ピロリ菌」除去が最良法 胃がんで死なないために

癌!と聞くと以前は他人事のように思えましたが、今や男性の4人に1人、女性は6人に1人ががんで死亡しているようです!
胃がんの症状は、早い段階ではほとんどありません。がんが進行するにつれて、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などが出てくるようですが、これらは胃炎や胃潰瘍の場合でも起こるといいます。
胃がんになったとしても命を落とさないようにするには、早期発見が一番重要との事!早期がんの状態で見つかれば多くの方は治るというのです。しかし、中々病院に行けなかったり、症状に気付かない場合もあります。
胃がんにならないため、自分でできる最も良い方法は、もしピロリ菌が陽性であれば、薬を内服することによりピロリ菌を除去する除菌治療を受けることだそうです。胃内視鏡検査を受診したことのない方などは、ぜひ検査を受けてみてください!
「ピロリ菌」除去が最良法 胃がんで死なないために

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

猛暑に負けず ディズニー入園者数過去最高に 4~9月

東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)・今年4~9月の入園者数が計1551万人と、年度上半期として過去最高だったようです。
皆さん今年東京ディズニーランド(TDL)または東京ディズニーシー(TDS)行かれましたか?
TDL開業35周年を記念したパレードなどがあったもで行かれた方も多いと思います。
しかし、今年の猛暑・外に出るのもちょっとと思いましたが、
東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの魅力は凄い力ですね!!
これからは季節的にももっと行きやすい時期なので、益々混みそうですね!

猛暑に負けず ディズニー入園者数過去最高に 4~9月

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

モスバーガーで食中毒 生野菜が原因?家庭も注意を

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を8月に利用した客28人が、腸管出血性大腸菌「O121」による食中毒を発症したようです。
原因食材は判明していないようですが、肉の加熱不足や野菜の汚染が原因の可能性があるようです。
肉の加熱不足?と言うことも考えられますが、野菜を良く洗わなかったとも考えられます。
野菜は牛糞(ふん)で作られた堆肥の発酵が不十分で菌が残っていたり、牛の排泄(はいせつ)物が農場内に流れ込んだりすることで汚染されています。なので、給食施設などが順守することを求められる厚生労働省のマニュアルでは、野菜について「流水で水洗い」「必要に応じて、次亜塩素酸ナトリウムなどで殺菌した後、流水で十分すすぎ洗いする」などとされています。
家庭でも充分注意が必要ですね!!

モスバーガーで食中毒 生野菜が原因?家庭も注意を

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散

2019年のスギ・ヒノキ花粉はどうなる?ウェザーニューズ「第一回花粉飛散傾向」が発表されました。
18年の猛暑により、花粉を飛散させる雄花の成長が促進されたため
東日本を中心に、6年ぶりの大量飛散となる恐れがあるため、
ここ数年、花粉症の症状が軽かった方も油断せず、2019年シーズンは早めの対策をした方がよさそうですね!
「第二回花粉飛散傾向」は、12月上旬の発表をされるようです。要チェックですね!
来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

<ノーベル賞>医学生理学賞に本庶佑氏 京大特別教授

2018年のノーベル生理学・医学賞を、免疫を抑制する働きを持つ分子「PD―1」を発見した本庶ほんじょ佑たすく・京都大特別教授(76)ら2人に贈ると発表されました。
薬でこの分子の働きを抑えて、人間がもともと持っている免疫力を回復させる「がん免疫療法」に道を開いたことが高く評価されたようです。
日本のノーベル賞受賞は26人目です。
本庶氏は1992年、免疫細胞の表面に新たな分子があることを発見し、、がん細胞などを攻撃する免疫細胞の機能を弱めるブレーキとして働くことを突き止めたようです。すでに新薬として実用化されているようです。
授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれるようですね!
<ノーベル賞>医学生理学賞に本庶佑氏 京大特別教授

 

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ

秋の京都は苔旅が面白い

じわじわとブームが来ていた「苔」。JR東海の企画のメインになった今、もう一気にメジャーでしょうか。
あたりまえのように存在していた京都の苔にこの秋はスポットが当たっています。

「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンでは、苔を使ったアート作品「モシュ印」と「コケ寺リウム」を常寂光寺、東福寺、建仁寺、圓光寺、三千院の5ヵ所で11月30日まで展示。苔と向き合い、心が落ち着く旅ができるかも。

「モシュ印」に「コケ寺リウム」!秋の京都は苔旅が面白い

 

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ