<京大>パーキンソン病治験、iPS初の移植

パーキンソン病は脳内で神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減り、体のこわばりや手足の震えが起こる難病で、国内患者は推定約十六万人。根本的な治療法はないとされておりました。
京大の高橋淳教授らのチームは9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表しました。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初と言うことです。
いい結果が出て今後の治療に役立つ事を期待します。
<京大>パーキンソン病治験、iPS初の移植

専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ