魚は車のお手本になるか? 5G通信で進化する自動運転車

自動車運転のトラブルも多い中、自動運転機能はどんどん進化している様です。車両間や車両と道路設備が通信で連携する。衝突リスクを低減したり、渋滞が減って交通の流れが良くなり、環境汚染も抑制できるという。通信機能を備えたコネクテッドカーは、ブレーキがかかると同時にその情報を後続の車に通信するので、後続車も同様にブレーキをかけることができるという。このような事が実現していけば、交通渋滞や事故、トラブルが少なくなると思います!!
コネクテッドカーの動きをアリの群れにたとえているようで、相互接続性によって、ぴったりのタイミングで発進・停止し、他の車との兼ね合いを見て適切な進路を取れる
日産自動車(Nissan Motor)は、魚が群れの中でぶつからずに泳ぐ点に着目し、その習性をよく観察して再現した衝突回避システムを2009年に開発。自動車の安全技術に応用しているようです。
なるほど・・・・確かに多くの魚やありはぶつからず狭い空間でも上手に動いていますよね!!

魚は車のお手本になるか? 5G通信で進化する自動運転車
専門に強い翻訳