高齢出産は何歳から?35歳以上で初産をするリスク

日本産婦人科学会の定義
高齢初産は「35歳以上の初産婦」と定義されています。ただし、これは1993年以降のお話。それまでは実は「30歳以上の初産婦」でした。
高齢出産のリスク・考えられる合併症
・染色体の異常
・妊娠中毒症
・卵子の数の減少分娩障害
・不妊治療による多胎
があげられますが、メリットもあります。
・経済的に安定している場合が多い
・待ち望まれて生まれ、ゆったりした気持ちで迎えられる環境
自分の人生のどのタイミングで妊娠・出産を迎えるかということは、医療が進む中で色々な選択肢が出てくると思います。メリット、デメリットを良く知って賢く選んで下さい。と産婦人科医の方達が言ってます。、
高齢出産は何歳から?35歳以上で初産をするリスク
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ