途中出場の本田が同点弾! 日本代表、セネガルとドローで貴重な勝ち点1

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦
日本代表 2-2 セネガル代表 同点引き分けです!
立ち上がり11分、セネガルに先制を許す。
対する日本は34分、柴崎岳が長友佑都へロングフィードを送るり長友のトラップが流れると、ボールを拾った乾貴士が右足でシュートを流し込み、日本が前半のうちに同点に追いつきました。
後半に71分またも1点入れられセネガルに勝ち越しをします。
しかし後半78分、乾のグラウンダーのクロスを本田が押し込んで同点になり
本田は3大会連続得点となりました。

途中出場の本田が同点弾! 日本代表、セネガルとドローで貴重な勝ち点1
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ