貧乏ゆすりの原因と隠れた健康効果・適度な“ゆらゆら”が必要なわけ

そもそも、なぜ貧乏ゆすりをしてしまうのでしょうか?貧乏ゆすりは、無意識のうちに下肢をふるわせるように揺らし続けてしまうことです。原因はまだはっきりと解明させていませんが、いくつか考えられることがあるようです。何かに集中した際に脳からの抑制がはずれて、下肢をガタガタと揺らす動きが出てきてしまうのではないか、という説。また、情緒の安定にも重要な「セロトニン」という脳内物質が関わっているという説もあるようです。
貧乏ゆすりにかくれた意外な健康効果もあるようです。気持ちが落ち着かない時に気を紛らわせたり、ストレスからの回避動作となっているとも言われています。ふくらはぎの筋肉は、“第二の心臓”とも呼ばれる重要な役割を果たす筋肉。貧乏ゆすりによってふくらはぎの筋肉が収縮・弛緩をすると、血液循環もよくなりリンパの滞りも改善されます。貧乏ゆすりをすることで、血流の滞りを防止する効果が期待できます。血流の改善やエネルギーが消費されることによる代謝系への影響が良い結果に繋がったのではないかということですから、貧乏ゆすりもエクササイズとして生活習慣に取り入れられると良いですね。、意識的に貧乏ゆすりを行うのも1つの健康法になるかもしれませんね!

貧乏ゆすりの原因と隠れた健康効果・適度な“ゆらゆら”が必要なわけ
専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ