英語論文を読みたいが、訳す時間が無い方へ

論文を読むのがネットのお陰で随分と楽になってきています。「機関リポジトリ」 リンクアイコン 翻訳会社ERFや、Google Scholarリンクアイコン 翻訳会社ERF などでに見つけることが出来ます。海外の英語論文は、グーグル・スカラーが助けてくれます。さてそこからが問題です。訳さねばならない。

そこで、ネットの自動翻訳で試すのですが誤訳だらけで使えない。仕方がなく、次に翻訳会社に依頼するのですが、勿論費用が発生します。

お金を掛けずに翻訳文を読む方法、賢い依頼方法をここでお伝えします。

まず最初に Notes, References,そして figure を翻訳対象外にしてもらってください。これだけでも料金が下がります。

次に 「一次翻訳だけで良いです」とリクエストしてみてください。同時に、もし訳文がおかしいと思ったら指摘して修正してもらえるかを確認してください。これでかなりのコストが抑えられるはずですから、料金を交渉してみてください。

翻訳文のチェックは、原文・訳文の突合せで一次翻訳者と同じくらいに作業時間を取られます。チェック作業の原価が発生しないのであれば必ず割引できるはずです。

詳しくは、こちらのリンクで。

論文を読みたいが、訳す時間が無いリンクアイコン 翻訳会社ERF