詐欺電話の応対、警察官から学ぶ

手口は、電話口で息子などを名乗る「オレオレ詐欺」や、はがきやメールによる「架空請求詐欺」「融資保証金等詐欺」「還付金等詐欺」 などで、コンビニのプリペイドカードでの支払い要求が増えているようです。
「息子の名前」 「同級生の名前」 「息子が卒業した高校や大学名」などは、犯人は当然に知っているものと用心しましょう!!
「自分はだまされないと思っている人ほど被害に遭う」と警察はいいます。
知らない番号の電話には出ないなど注意したいですね!
詐欺電話の応対、警察官から学ぶ

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ