薬物検査にヒト型ロボ「まほろ」 筑波大など開発、22年五輪採用目指す

スポーツ選手のドーピング検査の自動化を可能とするヒト型ロボット「まほろ」が23日、つくば市春日の筑波大学高細精医療イノベーション棟で報道陣に公開されたようです。
2022年の北京冬季オリンピックでの採用を目指して開発を進めているとの事!!
多いに活用できる様になるといいですね!!

薬物検査にヒト型ロボ「まほろ」 筑波大など開発、22年五輪採用目指す

専門に強い翻訳