花粉症は先手必勝 多めの今春、効果続く貼り薬も登場

2019年は、広い範囲で例年より花粉の飛散量が「やや多い」との報告もあります。
早い地域では2月中旬から飛散開始となるため、そろそろ今年の花粉対策をどうするか、対策をした方がよいですね!
飲み薬を服用している人が多いと思いますが、世界初の経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬「アレサガテープ」だ。第2世代抗ヒスタミン薬に分類される「貼る花粉症薬」が発売されたようです。
利点は、皮膚吸収であるため、胃腸・肝臓に負担をかけずに済む・
薬効の血中濃度がフラットに安定するため、効果が持続することが期待できる
ただし、同じ場所に続けて貼ると、かゆくなったり赤くなったりしやすいようです。
貼る薬は、皮膚からの吸収でじわじわと血中に浸透していくため、効き目が安定し症状が変化しにくい様です。
是非試してみたいですね!!花粉症は先手必勝 多めの今春、効果続く貼り薬も登場

出雲大社 縁結びの神様として知られる大国主大神をまつる国宝

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル