芥川賞候補作から受賞作を予想 現代日本文学は「死者と主体」を描く

人生に安らぎを求めたいと考える人は多いはず。そこで登場する「死生観」。「死」を恐れた長寿願望では、「安らぎ」を伴う人生は存在しないはず。普段、テレビは観ないのだが、坊さんの番組で「ぶっちゃけ寺」という番組を観た。こんな番組が人気というのも世相だろう。文学も同じように「安らぎ」が欲しい人々にとっての興味「死」を題材にする。

芥川賞候補作から受賞作を予想 現代日本文学は「死者と主体」を描く翻訳会社ERF

 品質最優先翻訳翻訳会社ERF