自覚症状なし「隠れ脂肪肝」のリスク――放置で全身の深刻な病につながる恐れ

自覚症状もなく健康診断でも分からない「隠れ脂肪肝」の人は国内で1000万人近くいると指摘する声もあります。
脂肪肝は、放っておくと肝硬変や肝臓がんに進行するだけでなく、他の臓器や血管のがんになるリスクも高めるようです。
気づいたときには肝硬変なんて事もあり、自覚症状なし、健康診断でも分からない「隠れ脂肪肝」ので、全身の深刻な病にもつながるようで
しかも人間ドックでは見つけにくいといいます。
生活習慣の改善がすべてだといいます。脂肪肝は薬では改善できず、生活習慣を見直すほかありません。食生活の改善で最も重要なのは、寝る前の食事を控えること。就寝前に摂取した栄養分は、ほとんど使われることなく中性脂肪として肝臓に蓄えられてしまうからです。
皆さん生活習慣は気をつけましょうね!

自覚症状なし「隠れ脂肪肝」のリスク――放置で全身の深刻な病につながる恐れ
旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル