脳に侵入する寄生虫が温暖化で北上、ナメクジに注意

米ニューオーリンズに住む11歳の少年が、頭痛、頸部の硬直、嘔吐、軽い発熱を訴えて地元の病院を訪れた。「少年はその数週間前、そそのかされて道端にいたカタツムリを食べていた」といいます。広東住血線虫が脳内で死ぬと、炎症がさらに悪化する場合があるため、投薬で虫は殺さず、通常は体の免疫の働きに期待することになる。例は非常に少ないものの、広東住血線虫に感染した患者が重篤な髄膜炎になった場合は命に関わるといいます。
皆さん、なめくじやかたつむりは絶対に生で食べないで下さいね!!
野菜等よく洗いましょう!!

脳に侵入する寄生虫が温暖化で北上、ナメクジに注意

品質最優先翻訳翻訳会社イーアールエフ