“聖地巡礼”アプリを作るまで

“聖地巡礼”。その言葉のもつイメージは宗教によって、世代によって変わります。

今はアニメやマンガ、ドラマの舞台になった場所を実際に訪れるコンテンツツーリズムとしてこの言葉がよく使われます。

その“聖地巡礼”を支援するアプリを作ったのは、ソニーでブルーレイを開発していた技術者。大企業の中で「やりたいことをやる」方法論とは。。。

ソニーの技術者が“聖地巡礼”アプリを作るまで

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ