病気やストレスで「白髪」になるのは、免疫システムの働きだった

病気をしたり慢性的ストレスを感じたりしている人たちに白髪が多い理由のひとつを解き明かされたような研究発表がありました。
われわれの免疫システムが、どのように毛髪に影響を与えるのかはいまだ定かではないようですが、今回の研究をもとに、この成果が若白髪や尋常性白斑などの理解につながるよう、研究を続けていく予定だといいます。
早く原因を突き止め、予防策が出来る事を期待します。

病気やストレスで「白髪」になるのは、免疫システムの働きだった
専門に強い翻訳