燃え尽き症候群、簡単な唾液テストで判定可能

仕事で過剰なストレスを抱えていたり、燃え尽き症候群になったりする恐れがあるかどうか、簡単な唾液テストですぐに判明できるそうです。
ストレスホルモンのコルチゾールの分泌量を一日に何度か測定すれば、血液検査などの複雑な方法によりも正確にストレスレベルを判定することができるという事です。日本の2015年の調査では労働者の32%が強い不安や悩み、ストレスを訴えた経験があると答えており、このテストによってあらがじめ自分は燃え尽き症候群になる可能性が大きいかはわかりますね!!知った上でならないように努力出来るといいですね!

燃え尽き症候群、簡単な唾液テストで判定可能

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ