歯の神経抜く治療は半数が再発!?…感染防御が不十分のケース多く

大学の歯学部では、ラバーダムや顕微鏡を使った指導が行われているようですが、なぜが開業医の歯医者さんではラバーダムや顕微鏡を使った治療が行われておりませんよね!!虫歯が神経まで進んで痛くなってから歯科医院に駆け込むと、神経を抜く治療が行われます。細菌を含んだ組織の取り残しなどで、治療後に根の先端から歯茎の周囲に感染が広がってしまうそうです。根の治療後をエックス線写真で調べると、なんと4~6割に陰影が見えるという大学病院の報告もあります。ラバーダムや顕微鏡を使った治療をすれば少しは抑えられるのですが、時間と費用の問題があるようです。せめて新たに歯を傷めないために、定期的に歯科に通って、虫歯が進む前に対処するべく努めてはいます。それが歯にとってベスト、長い目で見てきっと安上がりですね。

歯の神経抜く治療は半数が再発!?…感染防御が不十分のケース多く

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル