来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散

2019年のスギ・ヒノキ花粉はどうなる?ウェザーニューズ「第一回花粉飛散傾向」が発表されました。
18年の猛暑により、花粉を飛散させる雄花の成長が促進されたため
東日本を中心に、6年ぶりの大量飛散となる恐れがあるため、
ここ数年、花粉症の症状が軽かった方も油断せず、2019年シーズンは早めの対策をした方がよさそうですね!
「第二回花粉飛散傾向」は、12月上旬の発表をされるようです。要チェックですね!
来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ