最新「無意識にやっているクルマの寿命を短くする運転」とは?

最近の車は以前の車より寿命が延びています。
2017年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.24年。
前年に比べ0.33年長期化し、平成元年の平均使用年数は、9.09年だったので、約40%も寿命が伸びています。
しかし、無意識にしている、寿命も短くしている行為があります。
1.停車状態のハンドル操作「据え切り」はよくない。
2.急発進・急加速という「急」の付く走りはよくない。
3.始動したらオイルが回るまでひと呼吸置き、水温計が動き出すまでは抑え気味に走らせたほうがよい。
4.ちょい乗りの繰り返しはエンジンオイルを劣化させる原因になるのでよくない。
こんな事に気を付けた方がいいようです。
最新「無意識にやっているクルマの寿命を短くする運転」とは?
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ