旅行の際に気をつけるべき「エコノミークラス症候群」の基本対策

年末年始で家族で帰省や旅行を計画している方も多いと思いますが、長時間の移動で
エコノミークラス症候群にならないよう気を付けて下さい。
エコノミークラス症候群というと、飛行機でのみ起こりそうな名前ですが、電車やバス・自動車でも起こる病気なんです。
エコノミークラス症候群は、長時間同じ姿勢でいるのが原因で発症する「深部静脈血栓症」と、「肺塞栓症」が組み合わさって起こる病気です。別名・旅行者血栓症とも呼ばれ、重篤な場合は死亡の可能性もあるので注意が必要だといいます。
ならない為に気を付けたいことは、その1:適度に動く 途中トイレ休憩をしたり、足を動かしたりと出来る範囲で・・・
その2:水分補給を忘れない なるべくこまめに水分補給を・・・その際はアルコール等ではなく水などがいいと思います。
その3:ゆったりした服を着る 万が一きつめの服を着てしまったら、ボタンをはずす等してゆったりしてください。
年末年始の移動は渋滞の心配もあるので、からだにも時間にも余裕を心懸けて下さいね!

旅行の際に気をつけるべき「エコノミークラス症候群」の基本対策
専門に強い翻訳

旅行手配のバジェット翻訳