救急車を呼ぶか迷ったら  知っておくべきこと

とっさの怪我や病気で焦ってしまい、すぐに救急車を・・・と思ってしまいがちですが、
救急車を便利なタクシー代わりに利用する方も多いようです。
本当に必要な人のところに救急車の到着が遅れる原因となるため、救急車の適正利用は非常に大切だと思います。
では、どんな症状なら救急車を呼ぶべきなのでしょうか?
消防庁が作成している「救急受診ガイド」を読んでおくことですイラスト付きで読みやすく、誰にでも分かりやすく書かれているようですので、インターネットでダウンロードし、日頃からチェックしておくと良いですね!
救急車を呼ぶかどうか悩んだ時は、市町村の「救急安心センター」(相談窓口)に相談するのもいいかもしれません。いざと言う時に慌てないために、あらかじめ調べておいて、普段から携帯電話などに入れておくといいですね!

救急車を呼ぶか迷ったら  知っておくべきこと
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ