急性アルコール中毒、搬送の実態

急性アルコール中毒での救急搬送は年間1万6138件程あるようです。特に多いのは12月で、男女ともに20歳代の人数が群を抜いて多く、全体の4割以上を占めているようです。
これから忘年会や新年会が続く時期に入りますが、くれぐれもこのことに注意し、お酒の飲み方に気を付けて下さいね。
そして、もし道で倒れていた人を見かけて119番通報をしたとしたら、倒れていた時の様子や、救急車が到着するまでの体の変化など、できれば、救急車到着までご本人のもとで待機していただき、救命士の方々にその時に状況や様態などを伝えてあげて下さい。

急性アルコール中毒、搬送の実態/医師が忠告すべきこと
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ翻訳