医者が教える 人を元気にする言葉、人を病気にする言葉

言葉の重みをひしひしと感じる商売が翻訳エージェントだろう。言葉を移し替えるのだからそうだろうな、と思うだろうが、そうではない。翻訳作業の話ではないのだ。クライアントと翻訳者の間に立ってのコーディネートが仕事だが、両者ともに「言葉の正確さ」については譲らない。

「誤訳」と「意訳」は紙一重。

どちらの言い分も正しい時に、両方の意見を聞きながら落ち着き所を決めるのだが、その間の言葉のやり取りにどれほど傷つきストレスをためることか。「大丈夫」ですよと聞いた時には、その声の主が天使のように思われるのである。

医者が教える 人を元気にする言葉、人を病気にする言葉翻訳会社ERF

品質最優先翻訳翻訳会社ERF