冬至とは 2018年はいつ?ゆず湯の由来・かぼちゃが食べ物の意味

2018年の冬至は12月22日です。
冬至といえば、かぼちゃとゆず湯!
冬至の日にはかぼちゃや小豆粥を食べたり、柚子湯に入ったり。昔からの風習がありますが、なぜ??でしょうね?
『かぼちゃ』昔の日本では冬至のころになると秋野菜の収穫も終わって、食べられる野菜もほとんどなくなっていたので、そこで元気に冬を越せるようにと願いを込め、栄養もあって保存もきくかぼちゃは特別に大切にして、食べていたようです。
冬にビタミンなどの供給源が不足した時代のかぼちゃは貴重なものだったといえます。
『ゆず』寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。実際ゆず湯は風邪予防にも効果が高いようですよ。
明後日22日土曜には是非 かぼちゃにゆず湯を・・・
冬至とは 2018年はいつ?ゆず湯の由来・かぼちゃが食べ物の意味
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ