健康診断で「がんの早期発見」は可能

会社の健康診断では、それぞれの業務内容に関連して注意すべき疾患の有無をチェックする事ともう1つは、生活習慣病の予防を行うことが主な目的なようです。なので会社の健康診断で問題ないという結果が出ているとしても、がんの心配がないわけではないようです。
がんの有無をより確実に見るためには、子宮がん検診や乳がん検診、胃カメラや注腸造影検査など、血液検査以外に触診や細胞診、レントゲン検査といったもう少し詳しい検査を行う必要があるようです。また、特定部位のがんにこだわらないスクリーニング検査にはPET検診がお勧めだそうです。毎年会社で検診をしているから安心だと思ってしまいがちですが、そうでもなさそうですね!
なにか自覚症状等での不安があれば、お近くの医療機関に行ってみましょう!!

健康診断で「がんの早期発見」は可能か

専門に強い翻訳