ヒトES細胞、実用化へ一歩 京大が初めて全国に提供へ

京大が再生医療に使えるヒトのES細胞(胚〈はい〉性幹細胞)をつくることに成功し、早ければ7月から国内の医療機関などに提供を始める
ようです!ES細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同じく体のさまざまな組織に分化できる万能細胞で、臨床応用が期待されています。
再生医療の向上に役立つ事を期待します。
ヒトES細胞、実用化へ一歩 京大が初めて全国に提供へ

専門に強い翻訳