ネットに溢れる「がん免疫療法」に要注意! ノーベル賞レベルとは“雲泥の差”

ノーベル賞受賞で、「がん免疫療法」この言葉をよく聞くようになりました。
健康な人間の体でも、1日に数千個ものがん細胞が出来て、実は免疫細胞が退治して、排除してくれているようです。
免疫細胞には、その働きが過剰になって、からだを傷つけないように抑制する「免疫チェックポイント」という“ブレーキ”があるようで、
このが“ブレーキ”働かないようにする事!
従来の抗がん剤は、がん細胞を直接攻撃するというものだったようですが、「免疫チェックポイント阻害剤」は、自身にある免疫力を高めて、がんを退治するという、全く新しい発想から生まれたようです。
インターネット上には、「がん免疫療法」を提供するクリニックが多数表示されます。
しかし、多くのクリニックでは、「免疫細胞治療」と言われる施術を行っているようです。
免疫細胞を採取して増強させ、体内に戻すという治療法ですが、本庶教授が開発に携わった「免疫チェックポイント阻害剤」とは、全く違うもののようです。
もし、患者さんやご家族が治療の選択に困り、自由診療での「がん免疫療法」を考慮される場合には、よく説明を聞き、

セカンドオピニオンもするといいと思います。
ネットに溢れる「がん免疫療法」に要注意! ノーベル賞レベルとは“雲泥の差”
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ