ドラフト会議2018  

25日、グランドプリンスホテル新高にて「プロ野球ドラフト会議」が行われました。
本指名83名、育成ドラフトで21名が指名されました。
注目の大阪桐蔭・根尾と報徳学園・小園は4球団競合で、根尾は中日、小園は広島が交渉権を獲得しています。
金足農・吉田は外れ1位で日本ハムが単独指名をしました。
各球団の1位交渉権
広島 小園海斗(報徳学園)
ヤクルト 清水昇(国学院大)
巨人 高橋優貴(八戸学院大)
OeNa 上茶谷大河(東洋大)
中日 根尾昴(大阪桐蔭)
阪神 近本光司(大阪ガス)
西武 松本航(日本体育大)
ソフトバンク 甲斐野央(東洋大)
日本ハム 吉田輝星(金足農高)
オリックス 藤原恭大(大阪桐蔭)
楽天 辰巳涼介(立命館大)

ドラフト会議2018
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ