インフル疑いで病院に「行く時」「行かない時」

インフルエンザを含めた「風邪」などのウイルス感染への対処は、「自宅で、水分と、消化に良い食べ物をとって、眠って休み、熱がつらいときには『アセトアミノフェン』などの解熱剤を服用して過ごす」ということを勧めているようです。
たいていは、これで自然に治るようです。タミフル」などに代表される抗インフルエンザ薬ですが、服用した場合、症状が短くなるのは、薬なしの場合に比べて半日~1日程度だそうです。だとすると、無理に病院に行って薬をもらって飲むよりも自宅でゆっくりしていた方が良い場合もありますね!
ただし▽様子がおかしい▽けいれんした・せきに加えて、緑や黄など色のついた「たん」がたくさん出ている▽顔色が悪い▽息が苦しくて歩くことができない等特別な症状がある時には病院への受診が必要ですね・・・
せきと発熱の症状がある場合は我慢して職場や学校に行かないことが大切です。また、インフルエンザをはじめ風邪では、休息、栄養、睡眠が大事ですね!
インフル疑いで病院に「行く時」「行かない時」朝起きられないのは遺伝子のせい?

出雲大社 縁結びの神様として知られる大国主大神をまつる国宝

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル