アブストラクト翻訳 確認してください

アブストラクト翻訳を依頼される際に、確認してください。

[1]ほとんどの投稿論文に単語数制限があるはずです。
「200ワード以内で作成」「フォント10.5Ptの文字、一行40字、ページ40行の書式で、1ページ以内で作成」などの制限があるはずですから、原稿作成段階で出来上がりの英文量を想定した原稿とされてください。

[2]日本語の文字数は英語の単語数のほぼ2倍になります。
日本語600文字の原稿で、英文300単語のアブストラクトとなります。 勿論、文章内容によって異なりますが、よほど冗長な文章でない限り2倍程度となります。対訳ものを見つけて、実際の比率を計算してみることをお勧めします。

[3]キーワードは、投稿規定で要求されていなくても原稿を用意して翻訳対象とされてください。
専門用語を外すと文章の価値がなくなってしまいます。ほとんどの用語に定訳があるはずですから、翻訳されることをお勧めします。

他にも留意点は多くありますが、まずは以上3点はマストですので確実にされてください。

 

thesis blogs201602

ERFのアブストラクト翻訳翻訳会社ERF

アブストラクト翻訳依頼翻訳会社ERF