わが子が発達障害?親がぶつかる「最初の壁」

今は発達障害は稀ではないといいます。
発達障害とは、脳の先天的な発生・発達の異常に基づく障害です。
2012年に文科省が実施した調査によれば、通常学級の中で発達障害の可能性のある児童・生徒の数は約6.5%であるという報告がなされています。15人に1人の割合です。発達障害にはこんな事があります。
1.学習障害
2.注意欠如多動性障害
3.自閉症スペクトラム障害
しかし、自分の子どもが「発達障害かも?」と疑ったときに、自分からかかりつけ医にその話を切り出したり、発達相談センターの門を叩(たた)くのはかなり勇気が要ると言います。
お子さんが風邪などで小児科を受診した際に、医師の方でも発達の異常がないか目を配り、もし気づいたなら、発達障害の可能性を口にしてほしいと思います。
わが子の異変は親しかわからない事もあります。もしそう思うことがあれば勇気を出して医者を受診しましょう!!

わが子が発達障害?親がぶつかる「最初の壁」

出雲大社 縁結びの神様として知られる大国主大神をまつる国宝

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル