たかが更年期障害と甘く見ていませんか?

更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)の低下ですが、これに年齢に伴う体の変化や精神・心理的な要因、社会文化的な環境因子が複合的に影響することで症状が出ると言われています。主な症状として下記の3つがあります。
1.のぼせ、汗、寒気、冷え症、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまいなどの自律神経失調に関係する症状
2.イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ気分などの精神的な症状
3.腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感やかゆみ、外陰部の不快感など
理解してもらえない辛さ
更年期障害の難しいところはほとんどすべての女性が中年期に女性ホルモンが低下して閉経を迎えるのに、重い更年期障害で苦しむ人もいれば、全く症状のない方もおられることです。さらにまだホルモンが十分にある40歳前後で経験したり、10年ほど前に閉経したのに60歳過ぎで体調の悪くなる方もおられます。これはストレスが原因だといわれています。
経験した人でないとわからない辛さはありますが、それを想像し、共感できる力を養っていただきたいと思います。
たかが更年期障害と甘く見ていませんか?
専門に強い翻訳

旅行手配のイーアールエフ翻訳