こんな経路は初めて 台風12号、本州を西へ横断か

強い台風12号は28日午後、関東甲信地方に接近、29日の明け方までに、東海地方から西日本に上陸する見込みです。本州付近を東から西へ横断する見通しで、これは記録が残る1951年以降初めての経路。「台風が通過した後に大雨が降るなど、これまでの経験が通用しない場合がある」かもしれません。

29日正午までの降水量予想は、多いところで関東甲信地方300~500ミリ、東海地方で300~400ミリ、近畿・中国地方で200~300ミリ。さらに28日昼過ぎから29日にかけて、猛烈な風が吹き、海はしけとなる見込み。また28日前後は満月で大潮の時期にあたるため、台風が接近する時間帯や満潮の時間帯を中心に、高潮が心配されています。
こんな経路は初めて 台風12号、本州を西へ横断か

専門に強い翻訳
旅行手配のイーアールエフ