がん10年生存率、全部位・病期58.2 国がん・全がん協が初集計

国立がん研究センターなどの研究班は9日、2002年からの4年間でがんと診断された約7万人の10年生存率は56・3%だったと発表したようです。乳がんなどの生存率は9割を超していたようです。
早期に発見するほど生存率は高い傾向で、定期的な検診受診が重要です。
定期健診は毎年受けるようにし、がんと診断されても治るという確信もって治療に前向きに取り組んでください。
がん10年生存率、全部位・病期58.2 国がん・全がん協が初集計
バジェット翻訳

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル