「目が疲れやすい…」40歳前後から症状 老眼鏡を作る注意点

「老視」といい、誰にでも訪れる老化現象の一つ。40歳前後から始まり「本やスマホを見るときに目が疲れやすい」「商品の説明書など、小さな文字が見えづらい」などの症状が現れます。新聞などを、今まで読んでいた距離から少し離すことで見えたら、老眼と考えられます。
老眼鏡を作る際は「どの距離の、何を見たいか」を明確にすることが大切です。見たい物が「近距離でサイズが小さい」ほど、度数が強くなります。まずは自分に合った度数の老眼鏡を作る事が大切だそうです。老眼は65歳ごろまで進行するといわれています。2~3年に1度は検査し、進行していれば作り替える事をお勧めします。定期的な検査を・・・・

「目が疲れやすい…」40歳前後から症状 老眼鏡を作る注意点

出雲大社 縁結びの神様として知られる大国主大神をまつる国宝

旅トラベルはあなただけの旅のプランをお創りします。

旅トラベル