「徘徊」使いません 当事者の声踏まえ、見直しの動き

認知症の人が一人で外出したり、道に迷ったりすることを「徘徊(はいかい)」と呼んできました。「徘徊」とは辞書をひくと「目的もなく、うろうろと歩きまわること」となっています。しかし、認知症の人達にとっては目的がないわけではなさそうです。家に帰りたいのに、迷ってしまったとか・・・なので、徘徊と言われたくないと言う意見も・・・そこで朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、「外出中に道に迷う」などと表現することにします。としています。
「徘徊」使いません 当事者の声踏まえ、見直しの動き

品質最優先翻訳翻訳会社イーアールエフ