参考資料 論文和訳

参考資料として目を通しておきたい英語論文の和訳

ふたつ選べる翻訳サービスERF – ホーム ≫ 論文翻訳 ≫ 参考資料 論文和訳 )

参考文献論文和訳 翻訳会社ERF英語論文翻訳サービスへの需要は、論文の学会提出・投稿など厳密な高品質論文翻訳と、参考資料としての論文を読むための論文翻訳に分かれます。目を通すだけの翻訳文にかける費用は少ないほうが良いはずです。ネットの自動翻訳で訳してみたが意味不明の訳文で使えない。そんな時にご利用いただきたいのがERFの参考文献和訳サービスです。

忙しくて、自分で訳す時間はないけれど、最新の関連論文には目を通しておきたい。膨大な過去の資料を研究等に使用するのにできるだけ安く翻訳して欲しいなどのお客様のニーズにできるだけ対応する低価格での英語論文和訳翻訳サービスのご提案です。


ERFの通常翻訳作業とは

ERFの 翻訳作業リンクアイコン 翻訳会社ERFは、一次翻訳者と二次翻訳者、チェッカー、校閲者、DTPオペレータ、そして案件によっては対訳辞書作成作業者の作業分担で行われます。
これだけ多くのスタッフが関わることで品質の高い翻訳文を提供します。


「参考資料として目を通す」だけの翻訳文

「参考資料として目を通す」だけの翻訳文にこれだけの作業工程を入れる必要はありません。一次翻訳 → 納品チェック作業で誤訳の排除、ある程度の読み易さをもった訳文の作成は可能です。


お客様からお聞きすることが費用を抑える鍵

専門用語、略語など定訳につきお教えください。費用を抑えるための鍵となります。また品質を保つために大きく役立ちます。通常のERFの翻訳作業については、「ふたつ選べる翻訳サービスとは」リンクアイコン 翻訳会社ERFをお読みください。
参考資料文献医学論文和訳サービスでは、近接領域の翻訳者が担当するケースがあります。専門用語などはお客さまにてご確認いただきますようお願いします。ご指摘をいただいたうえで、修正させていただきます。


翻訳料金のご案内

翻訳料金は原稿1ワードあたり平均@12円(8円~16円)での提案となります。

翻訳 内容
和 訳
参考資料として目を通す英語論文の和訳
翻訳内容原稿1ワード当たり8円~16円

対象言語は、英語に限らせていただきます。

原稿内容・原稿形式(FAXかデータか等)・訳文の使用方法などで翻訳費用は異なります。12円でも予算に入らない場合は、ご相談ください。納期、納品形式、部分翻訳などで総額がご予算内に収まるように検討させていただきます。


翻訳依頼をご検討中の方へ

まずは、翻訳見積フォームよりご連絡をください。費用・納期などを無料で提案させていただきます。簡単な見積から詳細な見積までお出しできます。その他、ご質問がございましたら、問合せフォームリンクアイコン 翻訳会社ERFよりお気軽にお問い合わせください。