特許翻訳

特許翻訳

patent_entrance_page

お客さまの要望に対応した特許翻訳サービスを提供します。特許翻訳の依頼の多くは、出願関係の翻訳と特許情報収集のための翻訳の2領域に分かれます。

外国特許公報を読むなど特許情報の翻訳へは、費用をかけられない。しかし、特許翻訳の翻訳料相場は一般に高いのが現状です。
この領域での特許情報和訳サービスを低価格で提供します。

費用がかかっても高品質の翻訳文が必要なのが、明細書の特許請求範囲や訴訟関係文書。予算が限られていても厳密な翻訳文が是非必要です。


特許情報和訳

予算が無いので社内で訳すほかないと諦めていませんか。 ERFでは、1ワード当たり平均@12円の特許情報和訳サービスを提供しています。

翻訳 内容
和 訳
参考資料として目を通しておきたい特許情報和訳リンクアイコン 翻訳会社ERF
翻訳内容原稿1ワード当たり8~16円


品質確認のための対訳ファイル提供

品質翻訳 翻訳会社ERF納品された訳文をチェックするのは一苦労です。ERFでは、訳文とともに対訳ファイル高品質翻訳を納品致します。少しでも、お客様が楽になるようにとの配慮です。 しっかりチェックして頂き、修正希望が出ればお申し付け下さい。誠心誠意対応して参ります。


明細書翻訳 米国出願形式への変更は勿論、その他お客様からの要望を聞きながらの翻訳作業のご提供を目指します。


特許公開情報の翻訳 欧州特許庁公開情報、米国特許庁公開情報などの翻訳で、先願特 許内容を把握する。概要をつかむだけの情報収集なら、発明の名称・特許請求の範囲・詳細な説明などがしっかり理解できれば良いはず、公報のレイアウト通りの訳文の必要は無いはずです。

翻訳 内容
和 訳
参考資料として目を通しておきたい特許情報和訳リンクアイコン 翻訳会社ERF
翻訳内容原稿1ワード当たり8~16円


優先権証明翻訳 最初の国で出願された明細書の記載をしっかり把握するための翻訳には、120%の「忠実性」が必要です。繰り返しの推敲作業で満足できる翻訳文をご提供します。


補正書・意見書翻訳 「拒絶理由通知書」への対応、所謂「中間処理」の文書翻訳は、特許不可を避けるための細心の注意が必要です。弁理士による翻訳文チェックを含めて完璧な文書の作成をお手伝いさせて頂きます。


鑑定書翻訳 特許の専門家(弁理士など)が、特許抵触の有無を判断した文書が「鑑定書」です。鑑定書の翻訳は、専門家のフィードバックを受けながら修正・加筆作業を経て完成させます。


翻訳暦10年以上の経験のある特許専門翻訳者/現役弁理士が担当

[M.S.] 英国大学卒:
化学系の特許翻訳を10年、英国在住がながく「日→英」特許明細書を中心にしている。

[K.Y.]東京大学工学部卒:
金属工学専門。技術士。金属系の特許翻訳専門。
[N.I.]東京医科歯科大医学部卒:
遺伝学、細胞学、生化学などが専門。医薬分野の特許翻訳に対応。
[A.F.]米国大学理学部卒:
ITデバイス関係特許翻訳の専門家。
[I.W.]名古屋大学工学部卒:
電気メーカーに30年勤務。半導体特許業務に精通し、半導体関連特許翻訳専門。
[O.N.]慶応大卒:
中間処理特許翻訳に強い弁理士翻訳者。

その他、各専門領域に精通した翻訳者にて対応いたします。


翻訳依頼をご検討中の方へ

まずは、翻訳見積フォームよりご連絡をください。費用・納期などを無料で提案させていただきます。簡単な見積から詳細な見積までお出しできます。その他、ご質問がございましたら、問合せフォームリンクアイコン 翻訳会社ERFよりお気軽にお問い合わせください。