Feb 6, 2018

1万人超の赤字家計を再生した専門家が教える、貯蓄体質になるための家計節約術


まず覚えておいていただきたいのが、やみくもに節約しても、貯蓄を増やすことはできないということです。どういう支出をどのようにして減らしていくか、そこがポイントになるようです。支出には固定、流動という性質があります。この性質を生かした効果的な節約方法を知り、月収に対して、それぞれの支出を適正な比率に近づけていくようにする。そうすればきっと貯蓄ができる家計に変わっていくのだそうです。毎月同じペースで支払う固定費。見直せば簡単に支出は減らせる流動費は「無理せず、無駄なく」で支出を減らす。固定費・流動費・貯蓄の理想的な割合は「固定費45%、流動費35%、貯蓄20%」

1万人超の赤字家計を再生した専門家が教える、貯蓄体質になるための家計節約術!

品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF

Posted in ブログComments Closed 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。