Nov 28, 2017

読めるのは子どもの間だけ 月日を経ると消えてしまうピーターパンの絵本に反響「これぞ子供の国ネバーランド」

大人になると、絵も文字も消えて読めなくなってしまう。そんなネバーランドの魔法がかかったピーターパンの絵本が話題を呼んでいるようです。この絵本では、空を飛ぶピーターパンの挿絵や文字など、ネバーランドにまつわるものが全て、20年の月日をかけて日焼けした絵本の色を再現したインクで印刷されている為絵本を初めて手渡された子どもたちが大人になるころには、絵本全体が日焼けして、ページに残されるのは黒いインクで印刷されたロンドンの街並みや月などの現実世界のみ。ピーターパンと子どもたちが繰り広げるネバーランドの冒険物語は、読めなくなってしまう仕掛けになっているようです。
『いつか読むことができなくなる本』があれば、より読む事のできる時間を大切にできるのではないか、と思って生まれたようです。
確かに、今しか読めないとなれば、大切に真剣に読みますよね!!

読めるのは子どもの間だけ 月日を経ると消えてしまうピーターパンの絵本に響「これぞ子供の国ネバーランド」
品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF


Posted in ブログComments Closed 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。